フォントサイズ アクセス お問い合わせ
診療科・部門

三叉神経痛 -虫歯と間違えられやすいー

質問:三叉神経痛とはどのようなものですか?

三叉神経は顔面に分布している、主として知覚を支配する神経です。三叉神経痛は、身体の中でもっとも激しい神経痛です。その特徴は
洗顔、歯磨き、髭剃り、食事、会話などで引き起こされます。

痛みの性質は、突然「電気が走るような」、「雷が落ちたような」激しい痛みです。痛みが強くなってくると、日常生活が大きく障害されます。

質問:なぜ、三叉神経痛が起こるのですか?

三叉神経が脳幹から出るところで血管、腫瘍などで圧迫されて神経の軸が歪むと三叉神経線維の電位に異常が起こり、三叉神経痛が起こります。血管の圧迫で起こるのが約90%、腫瘍によるものが約10%です。MRIでどれが原因か判ります。写真で、三叉神経が動脈により強く圧迫されて屈曲しているのが見えます。

質問:なぜ、神経痛はしだいに強くなるのでしょうか?

圧迫している血管が加齢・動脈硬化などにより屈曲してきて、圧迫がより強くなってくるからです。
腫瘍の場合は、その増大とともに圧迫が強くなるからです。

質問:三叉神経痛の治療法はどのようなものがありますか?

  1. 薬物療法
    テグレトールという、てんかんにも使う薬が有効です。しかし痛みが進行するにつれ量を増やす必要がありますが、多量になると副作用が出てくることがあります。ふらふら感、眠い、さらに肝臓・血液障害をきたすことなのです。
  2. 放射線で三叉神経を照射する方法で、ガンマナイフなどというものが使われます。
    その治癒率は一般に約60~70%位で、再発率は約30%位です。
  3. 根本的な治療法
    手術法は全身麻酔のもと手術用の顕微鏡を用いて神経を圧迫している血管を神経より遊離し、血管が再び神経を圧迫しないようにします。全身麻酔時間を含め手術時間は約4-5時間です。
    術後7-8日後に退院出来ます。

手術動画(三叉神経痛)

 平成30年6月20日(水)の読売新聞に掲載されました。

城山病院では関西地方で最も多くの手術をおこなっており、長年の手術経験のある医師が、手術を指導し良好な成績を上げております。

「脳・脊髄・神経センター 当センターについて」へ戻る