フォントサイズ アクセス お問い合わせ
診療科・部門

めまいはなぜ起こる? ーなぜ朝起床時に多い?ー

目が回る、ふわふわする、立ち上がるとくらっとする、全て「めまい」と表現される事があるので、一言で「めまい」といっても、いろいろな病気の可能性があります。
脳出血や脳梗塞などの脳の病気でもめまいは起こりますが、この場合はほかの神経症状を伴う事が多く、脳の画像検査が必要です。耳の病気でもめまいが起こります。耳鳴りや難聴などの耳の症状を伴います
ところが、脳の検査や耳の検査をしても異常が認められない「めまい」が一番多く、日常的に繰り返す「めまい」なのです。

頭位変換めまい症

三半規管の耳の耳石がうまく動かなくなって、頭の向きを変えたり、体を動かした時に起こるめまいと言われます。この疾患と診断された方の大部分が、肩こり、首こりを伴っています。
耳石の働きはまだ不明な部分があります。

頚性めまい症

脳神経外科に関係するめまいです。
長時間パソコンで仕事をしたり、スマートホンや携帯ゲーム機を長時間している方に起きやすいめまいです。また明らかな原因がなくても、日常的に姿勢が悪い場合、枕が合っていない場合も考えられます。
肩こりが強くなって頸部の筋緊張が高くなると、周囲の自律神経の具合も悪くなって、「めまい」以外に「頭痛」「吐き気」や「不眠」、「抑うつ症状」なども起こります。
薬では治りにくいめまいで、生活習慣の改善が必要です。

 

「間違えられやすい病気」へ戻る