フォントサイズ アクセス お問い合わせ
診療科・部門

循環器科

循環器科

循環器科は、心筋梗塞・狭心症などの虚血性心疾患、不整脈、心臓弁膜症、心筋症、心不全、大動脈疾患を中心に診察しています。不整脈科、心臓血管外科とともに心臓血管センターを構成し、患者さんを中心とした集学的な医療の提供をめざしています。 地域ニーズの特に高い急性心筋梗塞や不安定狭心症に対しましては、24時間体制で受け入れできるICUを備え、常に高度医療を迅速に提供できるよう、医師はもちろん臨床工学技士・看護師・放射線技師・臨床検査技師などチームとして、カテーテルインターベンション(PCI)を積極的に行っています。PCIと はカテーテルを使った血行再建術であり、当院では、患者さんに負担の少ない手首(橈骨動脈)からのアプローチを主に行っています。

安定狭心症におきましても、外来で冠動脈CT検査を行い、冠動脈病変の正確な情報を得た上でもっとも適切な治療方針を検討しています。当院では、米国GE 社製の64列ボリュームCT装置を導入しており、従来のシ ングルヘリカルCTよりも高精細に、より短時間に、より広範囲の撮影が行える為、患者さんの負担 を大幅に軽減することができるようになりました。また、慢性完全閉塞病変(CTO)に対するPCIや、ステント留置が困難な高度石灰化病変に対しては、 ロータ ブレーター(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル)も積極的に行い、長期成績の改善に努めるなど、先進的かつ高度なインターベンション治療を行っ ています。

さらに、患者さんの生命予後の改善のみならず、日常生活の質(QOL)改善することをめざし、全身の動脈硬化性疾患にも力を入れています。下肢動脈や腎動脈等、全身の動脈硬化に対しても積極的に診断・治療を行い、心臓血管外科とのハイブリット治療も行われています。

日本循環器学会専門医研修病院である当センターでは、従来の内科的・外科的なアプローチだけではなく、薬物的・侵襲的・あるいはそれらのハイブリッド治療を専門医チームにより行うように心がけています。

ふれあい新聞(病気のお話)

 

「心臓血管センター 診療科紹介ページへ戻る