診療科・部門

皮膚科

皮膚科は感染症から、免疫疾患、悪性腫瘍までを幅広く扱う診療科です。
皮膚にできた皮疹は、皮膚自体の病気の場合と、他の臓器と関連ある病気の場合があります。皮膚の病気は内臓などと違い、見える症状になりますので気になる方も多いと思います。また、見える場所なので、何か病気を発症すると、見つけやすいとも言えます。内臓疾患が皮膚の症状から見つかることもあり、 症状がなくても、皮膚になにかできものができたり、気になることがあれば、当院の皮膚科を受診して下さい。

皮膚科で行う診察の代表的な疾患は数多く挙げられます。
アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎(かぶれ)などの湿疹皮膚炎群、薬疹、じんましん、水虫を初めとする真菌疾患、イボや帯状疱疹などのウイルス疾患、とびひやニキビ、蜂巣炎などの細菌感染症、疥癬や蜂刺症などの虫による疾患、乾癬、掌蹠膿疱症、脱毛症、尋常性白斑、熱傷や褥創の軽症例、水疱症、粉瘤などの皮膚腫瘍、ほくろなどの母斑症、各種皮膚がん、膠原病、その他皮膚に発生するあらゆる疾患が対象です。

外来診療

外来担当、受付時間は下記リンクにてご確認下さい。

ふれあい新聞(病気のお話)