診療科・部門

眼科

外来診療

当科では、電子カルテの画像ファイリングシステムにより診察室と検査室が接続されており、各種検査結果のデータを端末毎に共有しながら診察を行っています。外来診療では一般眼科疾患全般(角膜疾患、結膜疾患、白内障、緑内障、糖尿病網膜症など)を扱っており、月曜から金曜の午前中に一般外来を、火曜、木曜、金曜の午後に予約制で特殊外来(視野検査、蛍光造影眼底検査、眼鏡処方、レーザー治療、手術前検査など)を行っています。
手術は月曜と水曜の午後に行っています。
外来担当、受付時間は下記リンクにて御確認ください。

スタッフ

医師
柊山医師 柊山 友里恵
医師
森山 侑子

日本眼科学会専門医

視能訓練士 3名

医療設備

ハンフリー、ゴールドマン視野計
眼底三次元画像解析(OCT)装置
角膜内皮顕微鏡検査装置
YAGレーザー装置
マルチカラーレーザー装置
光干渉式眼軸測定装置
など

白内障手術

当科では白内障手術のための治療計画を明記した一覧表をお渡して、患者さんと治療計画を共有して治療を行っています。
通常、白内障手術の決定後に全身検査、眼軸測定などの術前検査、および術前説明のために特殊外来へ来院していただきます。
手術は早期社会復帰を目指すために短期入院(片眼 2泊3日)および日帰り手術で行っており、患者さんのご希望や全身状態に合わせた方法で治療を行っています。

ふれあい新聞(病気のお話)