フォントサイズ アクセス お問い合わせ
診療科・部門

整形外科

整形外科は運動器、特に四肢の骨・関節・靭帯、腱や末梢神経などの外傷や疾患を手術だけでなく装具や足底板、運動療法や投薬などの保存療法により治療する診療科です。当院では骨折・外傷患者さんに対する豊富な治療経験に加えて、疾患としては手・肘の外科、足の外科、膝関節外科手術を専門に行っているのが特徴です。

治療内容

骨折・外傷外科 (担当:熊野穂積)

骨折・外傷の手術は、できるだけ小さなキズで身体の内側から強固な固定を行い、ギプスなどの外固定や安静期間をできるだけ短縮することで、患者さんの身体や心、経済的負担を出来る限り少なくするように心がけています。開放骨折や多発骨折などといった強い外力で生じた重症例も多く、搬入されて即に治療ができるように、あらゆる種類の創外固定器具を常備しています。これらの手術は年間約600件あり、それらの治療方法や成績についての学会発表も盛んに行っています。

低侵襲脊椎センター(担当 坪井競三、米井 数基

 年間270例以上の内視鏡手術、約100例の脊椎固定手術および椎弓形成術(他院での症例を含む)を施行しております。特に局所麻酔下でのPED(経皮的内視鏡下ヘルニア摘出術)は171例で関西トップ、全国でも有数の手術件数を誇ります。整形外科より独立し令和2年2月に低侵襲脊椎センターを設立しました。整形外科の他の手術(骨折や人工関節など)の影響は受けず、日に3,4件の脊椎手術が可能となりました。

低侵襲脊椎センターへ

   

足の外科(担当:熊野穂積)

足の外科は整形外科の中でも専門に行っている施設が少ない分野ですが、近年、生活様式の欧米化とともに外反母趾や扁平足などの加齢に伴う足の痛みや変形を訴える患者さんが増加しつつあります。これらは、足の裏に挿入する板(足底板)や重症の方では手術が有効です。また、変形性関節症や靭帯損傷など足関節の手術も行っています。

膝関節外科(担当:村上友彦)

《膝関節再建/関節鏡部門》

当科では関節鏡手術を積極的に取り入れています。スポーツなどによる半月板や靭帯断裂を受傷された患者さんに対しては半月板修復や靭帯再建術を行い、疼痛改善、安定性を再獲得しております。また習慣性膝蓋骨脱臼や膝蓋骨不安定症の方にはMPFL再建や脛骨粗面移動術を行っています。

  

《変形性膝関節症治療》

変形性膝関節症は内反(O脚)や外反変形(X脚)により半月板の変性や軟骨磨耗による膝関節痛が生じる病態で、日本人はO脚変形がほとんどです。下肢アライメントが偏位し、膝痛が保存療法に抵抗する方には2種類の手術方法を提供しております。

《膝関節 矯正骨切り術》

可動域の保たれた初期から中等度変形の方には高位脛骨骨切り術(HTO)または遠位大腿骨骨切り術(DFO)を行い、高度変形であるものの活動性の高い壮年期の方にはその両方を組み合わせたDouble Level Osteotomy(DLO)を行い、変形を矯正し、症状改善を図ります。特にDLOは高度な技術を要し、当科では大阪でも随一の手術件数を行っております。術後に仕事、スポーツ、旅行などを積極的にしたい30〜70歳台の方に行うことが多く、術後の可動域は良好で正座も可能なことが多いです。

 

※当院での手術を推奨いただいている上記サイトもご参考にしてください。

《人工膝関節手術》

高齢者で高度変形や可動域制限を有する方には術後早期に疼痛が軽減し、ADLの改善を図れる人工関節置換術を行います。変形の程度により靭帯や外側軟骨・半月板の温存可能な部分置換術(UKA)と全置換術(TKA)を選択します。当院では術中ナビゲーションによる再現性の高い人工関節を行っており、難症例にも幅広く対応しております。UKAは傷口も小さく、1時間以内で行えることから患者さんの負担が少ないため、両側同時に行うことも多く当科では積極的に取り入れております。