診療科・部門

麻酔科・ペインクリニック

麻酔科

皆様方の中には、手術前に何か注射のようなものをすると麻酔状態になってしまって、麻酔科は手術中何もしていないと思われている方も多いかと思います。そこで、全身麻酔をごくごく簡単に説明させていただきます。全身麻酔は飛行機の操縦に例えられます。麻酔科医はパイロットに例えられます。患者さんを手術室に迎え入れる前に、麻酔科医は時間をかけて麻酔機の点検をします。飛行機の離陸と同様、いろいろな薬を投与して患者さんを安全な麻酔深度に導入します。 飛行中は、パイロットの仕事が操縦とモニターの監視であるのと同様に、手術中の麻酔科の仕事は、モニターの監視と危機回避です。近年、手術を受ける患者さんの年齢層が上昇し、ほとんどの患者さんがなんらかの病気をお持ちです。高血圧、糖尿病、高脂血症も立派な病気です。そのような調子の崩れた患者さんの心拍数、血圧、呼吸状態などを安定させるのが手術中の麻酔科の仕事です。そして目的地に到達したら安全に着陸する、つまり手術終了から時間をかけずに良好に覚醒させるのが麻酔科医の仕事です。少しでも患者さんに安心して、麻酔を受けてもらえるよう努力しています。

手術室室長 兼 麻酔科部長
大中手術室室長 大中 仁彦

日本麻酔科学会指導医
日本麻酔科学会専門医
麻酔科標榜医
日本ペインクリニック学会専門医
日本東洋医学会漢方専門医
日本頭痛学会専門医
日本医師会認定産業医
大阪医科大学非常勤講師
大阪医科大学臨床教育教授
麻酔科部長
高山麻酔科部長 高山 隆吉

日本麻酔科学会指導医
日本麻酔科学会専門医
麻酔科標榜医
麻酔科 医師
米原医師 米原 周吾

ペインクリニック科

ペインクリニック外来では、痛みで困っている患者さんの治療を行なっています。痛みがあればどんなことでも御相談ください。原疾患があり、原疾患を治すと痛みが消える場合には、各科専門医を紹介いたします。原疾患が不明、あるいは原疾患を治療しても痛みが残る場合にも各種治療法を駆使して痛みを軽減します。治療方法は、各種神経ブロック療法をはじめ、点滴療法、内服療法を行います。眼瞼痙攣、顔面痙攣、痙性斜頚などの不随意運動に対してはボツリヌス治療も行なっています。西洋医学で治りきらない疾患や西洋薬で副作用の生じる患者さんには、漢方薬を併用して治療をしています。疼痛疾患に限らず、体質改善を希望する場合や検査上では異常がないのに調子の悪い場合や冷え性のある患者さんには東洋医学を併用して治療を行なっています

ペインクリニック外来

外来担当、受付時間は下記リンクにてご確認下さい。

ふれあい新聞(病気のお話)