診療科・部門

栄養科

栄養科

栄養科では、医師の指示のもと、治療の一環として食事の提供を行っています。バランスのとれた食事を提供するのはもちろん、入院中の食事を楽しんでいただけるよう、工夫を凝らしています。

入院中のお食事について

食事の種類

患者さんの状態に合わせて、一般食と治療食の提供を行っています。
一般食・・・常食、軟菜食、流動食 など
治療食・・・糖尿食、脂質異常症食、心臓食、潰瘍食、膵臓食、肝臓食、透析食 など

食事の形態

食事の形態(大きさや形、硬さ)にも配慮し、種類を設けています。歯が悪い、食べ物が飲み込みにくい、といった方の機能に合わせて選択できます。
形態:一口大、きざみ、極きざみ、ペースト、嚥下訓練食(ゼリー食)、あんかけ、とろみ付 など

行事食

食事から季節を感じていただこうと、旬の食材を使い、日常の食事とは違った特別な食事を提供しています。

七夕
七夕
こどもの日
こどもの日
選択食

一部の職種ではありますが、患者さんに自分で食事を選べる楽しみを持っていただこうと、週3回の選択食を実施しています。

個人対応・アレルギー

【食物アレルギーがある】【食欲不振】【ベッド上安静で座って食事が食べれない】などの患者さんのために、管理栄養士が病室に伺い、個別にお聞きして食べやすいものを提供しています。

食事時間

朝食:  8:00
昼食:12:00
夕食:18:00

適温給食

温かいものは温かく、冷たいものは冷たく召し上がっていただけるように、温冷配膳車を使用しています。

食事環境

食事の時間、気分を変えていただけるように、各階にデイルームを設けています。

デイルーム
デイルーム
デイルーム展望
デイルーム展望(南東側)
食品衛生

患者さんに安心してお食事いただけるよう、厚生労働省が定める【大量調理マニュアル】に基づいた衛生管理、食品管理を行っています。

栄養指導・栄養相談

入院中、または外来通院中の患者さんを対象に、医師の指示のもと、病態に応じた栄養指導・栄養相談を行っています。管理栄養士が、個々の患者さんに合わせて、治療に応じた適切な食事のとり方などをアドバイスしたり、日々の食生活への不安や疑問などにお答えするなど、食事療法への理解を深めるお手伝いをしています。ご希望される方は、主治医やスタッフにご相談ください。

場  所 : 城山病院1階 栄養指導室 栄養指導室
時  間 : 月曜日〜金曜日 午前   9:30 〜
  午後 13:30 〜
指導時間 : 約30分程度    

臨床栄養管理・チーム医療活動

栄養科では、入院患者さん全員の栄養状態を入院時に確認し、患者さん個々の病態に応じた栄養管理をしています。中でも低栄養状態や褥瘡(床ずれ)の 患者さんについては、多職種でチーム(栄養サポートチーム:NST)※を結成し、カンファレンスや回診により栄養サポートを行っています。

チーム医療活動1 チーム医療活動2 チーム医療活動3

※栄養サポートチーム:NSTとは…

当院では栄養に関する専門のチームNST(栄養サポートチーム)を結成しています。メンバーは、栄養療法における専門的な知識や技術を持った、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・理学療法士など、多職種から構成されています。

ふれあい新聞(病気のお話)