医療関係者の方へ

後期臨床研修プログラム

あなたに合った研修プログラムを提供します

城山病院は南河内地域の急性期医療の中核的な病院です。平成18年に現在の地に新築移転したのを機に、最新の高度医療機器を備え、さらに脳・脊髄・神 経、心臓血管、消化器の3つのセンターを置き、ここでは内科と外科が一体となって診療を行う臓器別診療体制を整えました。また、第4の柱でもある整形外科 や、血管内治療(脳、循環器)を得意としているのも城山病院の特徴です。救急医療では救急専門医によるER診療を行い、南河内医療圏で随一の質と量を誇っ ています。平成26年の救急搬送受入数は、4,600件を超えています。
城山病院では、あなたに合った後記研修プログラムを提供します。最新の医療機器、豊富な症例数など恵まれた環境の中で、専門医を取得しませんか。

平成29年度後期研修医募集要項

目 的 初期医師臨床研修プログラムを修了した医師が、より高度かつ専門的な診療能力を習得し、専門医として地域に貢献出来る医師を育成する。
研 修コース ・脳・脊髄・神経センター
・心臓血管センター
・消化器センター
 その他、あなたに合ったプログラムを提供します。
採用人数 若干名
資 格 平成30年3月末で
初期医師臨床研修を修了する医師。
選 考 提出書類と面接により審査し、病院長が決定する。
提出書類 ①履歴書
②医師免許証の写し
出願期限 平成27年11月末
病院見学 随時(要メール確認)
処 遇 身分:常勤職員
休暇:有給休暇は1年次10日
    2年次11日 年末年始の休暇有り
住宅:希望者には契約民間施設を紹介(住宅手当あり)
健康診断:年2回実施
医師賠償責任:当院において加入、個人保険は任意
保健:健康保険・雇用保険・厚生年金・病院年金基金
資料請求及び
問い合わせ先
医療法人春秋会 城山病院 
〒583-0872 
大阪府羽曳野市はびきの 2-8-1
TEL 072-958-1000(代表)
E-mail somu@shiroyama-hsp.or.jp
採用担当 総務部 池崎 智詞

先輩メッセージ

実践力が身に付く環境です

平成21年度初期研修 /平成23年度後期研修
矢野 健太郎(心臓血管センター)

当院で5年間の初期・後期臨床研修を終え、現在も心臓血管センターへ入局しています。日々学ぶ事も多く、充実した研修生活を送っていると自負しています。

城山病院は南大阪の羽曳野にある病院です。周囲には大・中規模病院がなく、柏原・羽曳野・藤井寺などの医療圏を支える地域密着型の病院です。脳・脊髄・神 経センター、心臓血管センター、消化器センターなどの疾患別診療センターや整形外科などを中心に、地域の急性期医療の中核となっています。
当院の研修の特色の一つとして“実践力の養成”があります。上級医のアドバイス・サポートの下、積極的に手技・手術に参加できる環境が整っています。大学病院や 大規模病院など、症例数に対する医師数の多い病院と比べ、より豊富な症例を経験させていただいていると自負しています。さらには初期研修医に対する指導を 担う事もあり、そういった経験がさらに自分のスキル・知識を成長させていると感じます。

当院は中規模病院でもあり、決して医師数・スタッフ数は多くありません。
そのせいか、他科・他部署あとの壁が低く、医局全体・病院全体がアットホームな雰囲気なのも特徴の一つです。疾患のコンサルトはもちろんの事ですが、研修プログラムに関しても自分の望むような研修プログラムに対応して頂いています。具体的に私の研修プログラムを紹介させて頂きます。現在は循環器内科・不整脈科・心臓血管外科などの治療を中心に、術後管理、救急初期対応、集中治療管理、一般病棟業務、一般外来など、内科・外科という枠にこだわらず、それぞれの手技・業務を広く経験させていただいています。

また最近では外科手技スキルアップのため、腎臓内科のシャント形成の手術にも参加させて頂いたり、海外学会での発表もさせていただきました。このように当院の研修システムでは、自分さえ望めば、より多くより広く学ぶフィールドを提供していただけます。尊敬できる上級医も多く、アットホームな良い病院です。柔軟な研修システムにより、より多くの経験値を得る事ができ、
若い医師には理想的な環境ではないでしょうか。
興味のある方は一度見学に来ていただきたいと思います。