診療のご案内

PET検査/PET-CT検査

PET検査とは

早期のがん発見を目指します

PET-CT装置

PETはPositron Emission Tomographyの略で、日本語で「陽電子放射断層撮影法」とよばれています。
がん細胞は正常細胞と比較して、多くのブドウ糖を細胞内に取り込む性質があります。PET検査ではブドウ糖に放射線を出す元素を組み合わせたFDGという薬剤を注射した後、ブドウ糖がより多く集まるところが全身のどこにあるかを撮影し、がんを発見することができます。
ただし、必ずしも全てのがんを発見できるわけではありません。
がんの種類や大きさによって、見つけ出せない場合があります。

PET-CT検査とは

PETとCT(コンピュータ断層撮影法)が一体型となった装置で撮影することにより、PET単独での検査とくらべて、病変がどの臓器のどの部分に存在するかなど、CT画像からその病変の質的評価を診断することができます。

PET-CT検査の安全性と危険性

PET-CT検査で使用する18F-FDGは製薬会社で検査当日に製造されたものを使用します。この薬剤による副作用の心配はありません。
PET-CT検査の被曝線量は25mSvです。X線のバリウム注腸検査と同程度です。この線量で放射線障害が起きることはありません。