フォントサイズ アクセス お問い合わせ
診療科・部門

リハビリテーション科(患者様向け)

 当院リハビリテーション科では、理学療法・作業療法・言語療法をおこなっています。急性期から自宅復帰後の生活まで、患者様が一日も早く快適な日常生活を送ることができるよう、多くの職種がチームとなって治療に取り組んでいます。

 

 身体に障害のある人などに対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、予防を目的に主に運動療法を用い、自立した日常生活が送れるようサポートする役割を担っています。

 

 

 

病期や専門性などにより4つの班に分かれています。

 脳卒中や周術期をはじめ、入院直後の患者様に幅広く介入しています。外来リハビリも実施しています。

 麻痺や機能障害が残存し、リハビリ強化が必要な脳血管疾患や運動器疾患患者様を対象に介入しています。

 心臓疾患患者様への運動療法、生活習慣・疾病管理指導、心理相談等からなる包括的な心臓リハビリプログラムを提供しています。

 がんの手術後や化学療法中の方、がんによる症状の増悪などで機能低下のある方に対して介入しています。

 

 食事・更衣・排泄・入浴・整容といった日常生活動作や、趣味・余暇活動といった様々な活動をサポートさせていただく役割を担っています。

Useful hand

―「実際に使うことのできる手、使える手」になることを目指し、日常生活動作で使用する自助具の提供や、装具の作成をおこなっています。

 

 

 日常生活で欠くことのできないコミュニケーションや嚥下機能回復をサポートさせていただく役割を担っています。

 入院直後から嚥下機能の評価や訓練を積極的に行い、早期に経口摂取が再獲得できるよう介入し、退院まで一貫して経過をみていきます。

麻痺がある方

 麻痺の程度や患者様の生活を考慮しながら、急性期・回復期では歩行練習や手指の巧緻練習、発声練習、認知機能練習などを実施しています。

整形外科手術を受けられる方

手術前

 手術前の評価として、関節可動域や筋力、歩行など身体機能評価をさせていただいております。

手術後

 手術後は、主治医の指示に応じて翌日より介入します。多くは手術翌日より離床をおこなっていきます。

心臓リハビリテーション

 心臓疾患を抱える患者様の運動耐容能の改善、生活の質向上、再発予防、早期社会復帰を目指し運動療法、生活習慣・疾病管理指導、心理相談等からなる『包括的心臓リハビリプログラム』を提供しています。

心臓の手術を受けられる方

 呼吸方法や術後の動作指導などをおこなっています。

心不全で入院される方

 運動方法や生活指導などをおこなっています。

ふれあい新聞(病気のお話)