フォントサイズ アクセス お問い合わせ
診療科・部門

薬剤科

集合写真
全体写真

近年、医療現場での「チーム医療」が注目される中、薬剤師がチーム医療の一員としてこれまで以上に積極的に患者さんの薬物治療に関わることが求められています。

当院の薬剤科においても、医薬品の調剤・管理、TPN・抗がん剤の無菌調剤、医薬品情報提供、薬剤管理指導業務、TDMに加えて、平成24年4月より病棟(ICU、回復期リハビリテーション病棟は除く)に専任薬剤師を配置し、医師・看護師やその他のコメディカルスタッフと共に積極的な病棟活動を展開し始めました。

理念にもあるように自分の職責に意欲を持って取り組み、チーム医療の一員として医療の発展の備えるため、薬のスペシャリストとして日々努力をしております。

主な業務内容

内服・外用・注射薬調剤

各種処方された薬剤を調剤しています。内服薬に関しては調剤監査システム、配薬カートなどを用いて安全性を高めています。また注射薬に関してはアンプルピッカーという装置を導入し、作業の効率・安全性を高めています。

TDM業務

TDMとは医薬品の血中濃度を測定し、それに応じて患者さん1人1人に最適な投与計画を立てる業務です。薬剤の効果を上げ、副作用の発現を抑えることを目的にしています。当院薬剤科ではTDMを行い、より有効な薬物治療が行えるように支援しています。

TDM1
TDMの作業風景
TDM2
TDMの作業画面
無菌製剤処理

無菌製剤処理
抗がん剤をミキシングしている様子

一部の注射薬(高カロリー輸液)を薬剤科のクリーンベンチを用いて調製しています。無菌環境下で調製することにより、細菌感染やその合併症を予防することが出来ます。また抗がん剤の注射薬も薬剤科の安全キャビネットを用いて調製しています。

薬剤管理指導業務

入院患者さんの病床を訪れ、服薬状況、有害事象などをチェックし、医師に情報のフィードバックや処方提案などを行っています。また処方されたお薬の効果や服用方法などについて患者様に説明をし、安心して服用していただけるよう努めています。

病棟薬剤業務

病棟薬剤業務
病棟に常駐する薬剤師

平成24年4月より各病棟(ICU、回復期リハビリテーション病棟は除く)に専任薬剤師を配置しました。病棟に常駐し、医師、看護師の負担が軽減されるよう薬物療法の支援を行っています。

医薬品情報管理

DIニュースの発行と、院内の医薬品情報管理を行っています。医薬品情報データベースを運用し、薬剤師の薬剤管理指導業務、病棟薬剤業務を支援しています。

DB1
データベースTOP画面
DB2
質疑応答検索画面
各種委員会

薬剤科ではNST(栄養サポートチーム)、ICT(感染制御チーム)などに参加してチーム医療に貢献しています。

実習生の受け入れ

薬学部6年制の長期実務実習受入施設になっています。

<受入実績>
 大阪薬科大学 武庫川女子大学
 大阪大谷大学 同志社女子大学
 京都薬科大学 摂南大学

設備

電子カルテ、オーダリングシステム、AAD-VF注射薬自動払出システム、クリーンベンチ、安全キャビネット、LitreaⅡ錠剤分包機、散薬分包機など

LitreaⅡ錠剤分包機、散薬分包機
LitreaⅡ錠剤分包機、散薬分包機
AAD-VF 注射薬自動払出システム
AAD-VF 注射薬自動払出システム

概要

薬剤師17名 事務員2名
処方箋枚数 外来189枚/日 入院523枚/日
(外来の内17枚は院内処方箋。院外処方箋発行率は91%)
注射処方箋枚数 外来35枚/日 入院128枚/日
薬剤管理指導633件/月

(2019年度実績)

主な算定

病棟薬剤業務実施加算、薬剤管理指導料、外来化学療法加算、栄様サポートチーム加算、後発医薬品使用体制加算、
がん患者指導料3、連携充実加算など

(2020年度6月時点)

当院外来で施行する主な抗がん剤レジメン

 消化器がん
 乳がん
 血液がん
 泌尿器がん

                                              2020年3月 現在

 レジメンに関するお問い合わせなどありましたら当院薬剤科にFAXにてお問い合わせ下さい。
 急ぎの場合は、疑ぎ照会下さい。

資格、論文、発表

資格

日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師 2名
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 3名
日本病院薬剤師会  日本病院薬学認定薬剤師 9名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 1名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 1名
日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師 3名
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター 漢方・生薬認定薬剤師 1名
近畿大学臨時講師 1名

発表

1)西本侑市、川端志芳、三浦麻里、山田衣里奈、中尾ひとみ eGFR式を用いたバンコマイシン血中濃度の予測精度に関する検討 第33回日本病院薬剤師会近畿学術大会 2012.1.21-1.22(大阪)

2)山田衣里奈、川端志芳、西本侑市、三浦麻里、中尾ひとみ VCM初回投与設計における血清クレアチニン値の補正に関する検討 第33回日本病院薬剤師会近畿学術大会 2012.1.21-1.22(大阪)

3)川端志芳、西本侑市、三浦麻里、山田衣里奈、中尾ひとみ バンコマイシン投与患者における血清アルブミン濃度による臨床効果の検討 第33回日本病院薬剤師会近畿学術大会2012.1.21-1.22(大阪)

4) 牧浦耕平、北野俊也、中尾ひとみ 医薬品情報データベースの構築と医薬品情報データベースによる病棟薬剤業務支援 第34回日本病院薬剤師会近畿学術大会 2013.1.26-1.27(滋賀)

5)牧浦耕平、山下悠作、西本侑市、中尾ひとみ 病院薬剤師と薬局薬剤師の緩和医療に関する理解度調査 第9回日本緩和医療薬学会 2015.10.2-10.4(神奈川) 

6)山下悠作、牧浦耕平、西野菜月 プロクロルペラジンとクロナゼパムの併用でアカシジアの発症が疑われた1例 第37回近畿学術大会 2016.1.23-1.24(兵庫)

7)川端志芳、西本侑市、三浦麻里、奥村尚道 低アルブミン血症でのテイコプラニンの血中濃度と効果検証 第34回TDM学会・学術大会 2017.9.23-9.24(京都) 

8)山下悠作、河野恵、宮内容子、渕本麻莉、古賀稔幸、清水友香、岡崎義仁、中尾ひとみ、平田好正、久馬透、新田敏勝 フェンタニルからタペンタドールへのオピオイドスイッチングによる退薬症候の一例 第1回緩和医療学会 関西支部学術大会 2018.11.11(大阪)

ふれあい新聞(病気のお話)