フォントサイズ アクセス お問い合わせ
診療科・部門

心臓血管外科

心臓血管センターの外科部門としてだけではなく、センター一丸となり、手術を受けられた方が全員笑顔で退院されることを目標に心臓、大血管、末梢血管のあらゆる疾患に24時間体制で対応しています。典型的な心臓血管手術はもとより近年急速に発展してきている低侵襲手術、冠動脈疾患に対する off pumpバイパス術や大動脈疾患に対するステントグラフト内挿術などを積極的に行っており、また重症心不全に対するCRTD(心臓再同期治療除細動器)や致死的不整脈に対するICD(植え込み型除細動器)植え込みなどを先進的医療に取り組んでいます。

心臓血管外科

-当科で対象とする代表的な疾患および手術-

●冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞) <冠動脈バイパス術CABG>
人工心肺を用いずに心臓を拍動下で血管吻合を行うoff pump?バイパス術と、人工心肺を用いて吻合を行うon pumpバイパス術を、状態に合わせて選択し手術を行っています。
●胸部・腹部大動脈瘤・大動脈解離 <人工血管置換手術、ステントグラフト内挿術、OPEN STENT法>
開胸、開腹手術が困難な患者様や高齢者にはステントグラフト内挿術を適応しています。
●弁膜症(大動脈弁および僧帽弁の狭窄症・閉鎖不全症など) <弁置換術、弁形成術>
●閉塞性動脈硬化症 <大腿動脈-膝窩動脈や大腿動脈-大腿動脈バイパス術等>
●急性動脈閉塞症 <血栓除去術>
●不整脈 <ペースメーカー植え込み術、ICD植え込み術>
●重症心不全 <CRTD埋め込み術>
●下肢静脈瘤 <血管内高周波治療>

ふれあい新聞(病気のお話)

 

「心臓血管センター 診療科紹介ページへ戻る