診療科・部門

脳・脊髄・神経センター

脳・脊髄・神経センター 集合写真

当センターでは脳神経外科、脳血管内治療科、神経内科、リハビリテーション科がそれぞれ長所を生かしつつ協力して治療にあたっています。24時間365日専門の医師が病院に待機しており、緊急のMRI検査、緊急の血管内治療や血栓溶解療法、クリッピング術などの緊急手術に対応が可能です。

脳卒中で入院した場合、回復のためには早期リハビリテーションが重要であり、入院時から看護師、栄養士、リハビリスタッフ、MSW(医療相談員)と専門のチームで対応を行っています。

また南大阪地域の脳疾患治療の中心的な存在であり、クリニックの先生方からの紹介で専門的診察及び検査を積極的に行っています。脳ドック検診も行っています。全国でも数が少ないガンマナイフを1997年から有し、頭を開けない治療も数多く行っています。顔面けいれん三叉神経痛の治療も多く行っています。

対象疾患

  • 脳腫瘍(転移性脳腫瘍、聴神経腫瘍、髄膜腫など)
  • 頸椎症、椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患
  • てんかん、アルツハイマー病、パーキンソン病などの神経内科疾患(神経内科)
  • めまい
  • 頭痛

病気のお話

治療方法の紹介

脳血管障害

顔面けいれん

三叉神経痛

間違えられやすい病気

めまい

脳血管内治療

ガンマナイフ治療

内科

脳ドックのご案内

スタッフ

診療実績